SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > SEからコンサルタントに転職

SEからコンサルタントに転職

コンサルタントとして働いている人の中には、学校を卒業してから新卒として就職し、働いている人もいます。
しかし、社会人になって初の仕事がコンサルタントの場合、かなり苦労することになるでしょう。
なぜなら社会人経験がないので、どのように問題を解決していけばよいのかわからないからです。
そのため、いきなりコンサルタントとして勤務している人よりも、転職をしてコンサルタントになるという人がたくさんいるのです。

では、どのような職業の人がコンサルタントになるのかというと、やはりSEと呼ばれているシステムエンジニアからの転職が多いと言えるでしょう。
他にもプログラマーから転職する人もいますし、別のIT関連の仕事から転職をする人もいます。
IT関連中でも特にSEのことを把握している人であれば、IT関連のコンサルタントとして転職しても、それほど苦労することは少ないと言えるでしょう。

IT関連以外の職種で働いていた人の場合には、別のジャンルのコンサルタントになるのがおすすめです。
しかし、全く関係のない分野からIT関連のコンサルタントに転職をした場合、転職すること自体も難しくなりますし、仕事もかなり苦労するでしょう。
IT以外であっても、コンサルタントの仕事をしていた経験があればまだよいのですが、コンサルタントとしての経験もなくて、IT関連の仕事もしたことがない場合には、会社側が採用しないことが多くなっています。

新卒でもきちんと研修制度の整っている会社であれば、雇ってくれるとこも少ないながらあるでしょうが、中途採用となるとかなり難しいと言えるでしょう。
やはりSEとして仕事をしていた人が、IT関連のコンサルタントに転職するケースが多くなっています。